NY原油時間外:2日ぶり安値近辺-在庫21年ぶり高水観測

ニューヨーク原油先物相場は1日の 時間外取引で2営業日ぶり安値近辺での推移。米政府が発表する先週の 原油在庫が21年ぶりの高水準になるとの観測を嫌気した。

原油先物は小動き。前日の通常取引は7営業日ぶりの下落だった。 米エネルギー省が発表する先週の原油在庫は、ブルームバーグ・ニュー スの調査によると、250万バレル増の3億7550万バレルが予想されてい る。予想通りだと1990年9月以来の高水準。中国の4月の製造業購買担 当者指数(PMI)は伸び率が予想に届かなかった。前日の通常取引で は、スペインが2009年以降で2度目のリセッション(景気後退)に入っ たことも悪材料になった。

CMCマーケッツ・アジア・パシフィック(シドニー)の市場担当 チーフストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は「この時期は石油 製品を中心に増加していることが多い。製油所は夏季の需要期に備えて いるためだ。きょうから始まる世界各国の製造業関連指数の発表を前に 市場は手控えそうだ」と述べた。

原油先物6月限はシドニー時間午前11時6分(日本時間同10時6 分)現在、15セント安の1バレル当たり104.72ドルで推移している。前 日の通常取引は6セント安の104.87ドルで引けた。終値としては4月26 日以来の安値。4月は1.8%、年初来では6.1%のそれぞれ上昇だった。

原題:Oil Near Two-Day Low on Forecast U.S. Supplies at 21-Year High(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE