ポルトガル:財政支出の上限引き下げ-予算案に盛り込む

ポルトガル政府は来年の財政支出の 上限を引き下げた。公的債務を圧縮し債券市場での調達再開を目指す取 り組みの一環。

30日のリスボンでの閣議後に記者団に配布された資料によれば、ポ ルトガル政府は2013年に基礎的財政支出の上限を3.2%引き下げるほ か、支出全体の上限を2.1%下げる。この計画は政府の13-16年予算案 に盛り込まれた。

ガスパル財務相はこの日の会見で、今年のポルトガル経済はリセッ ション(景気後退)となるが、13年には「景気回復」が始まると述べ た。債務の対国内総生産(GDP)比が115.7%でピークを付けると予 想される13年の財政赤字目標を、対GDP比3%で維持しているとも語 った。

ポルトガル政府は、銀行の年金基金の資産を国に移管したことによ り、10年に9.8%だった財政赤字の対GDP比を11年に4.2%に縮小。12 年は4.5%を計画している。国際通貨基金(IMF)の試算では、ポル トガルの債務の対GDP比は13年の約115%がピークになる。

予算案によると、政府は今年の経済成長率をマイナス3%と予想。 来年はプラス0.6%を見込んでいる。3月時点では今年の成長率をマイ ナス3.3%とみていた。

原題:Portugal Reduces Spending Limits, Sees Smaller GDP Decline (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE