米マンハッタンの集合住宅価格が過去最高、賃貸需要の増加で

不動産投資家による集合住宅の購入 競争で米ニューヨーク州マンハッタンの物件価格は過去最高に達し、投 資利回りは過去6年余りで最低を付けた。賃貸需要が急増しているため だ。

データ会社リアル・キャピタル・アナリティクスによると、投資物 件のリターンの指標で物件価格の上昇に伴い低下する還元利回り(キャ ップレート)は、今年1-3月に平均4.4%と、2005年7-9月(第3 四半期)以来の低水準となった。

過去1年1カ月で1億ドル(約81億円)超の集合住宅を6件仲介し たイーストディル・セキュアードのシニア・マネジングディレクター、 ダグ・ハーモン氏は「全ての資産クラスの中で最も好調だ」と指摘。 「賃貸需要が続く余地はまだ十分にある。こうした行動をすぐに中止し たり、中止すべき理由は全く見当たらない」と語った。

マンハッタンの集合住宅の賃貸需要は好調で、不動産鑑定会社のミ ラー・サミュエルと不動産仲介業者のプルデンシャル・ダグラス・エリ マン・リアル・エステートによると、1-3月期に賃貸料の中央値は前 年同月比で7.1%上昇し月額3100ドルと、2007年以降では最大の値上が りを記録した。

集合住宅調査会社アクシオメトリクスによると、入居率上昇に伴 い、家主の賃貸収入は今年、前年比で最大6.75%の増加が見込まれると いう。

リアル・キャピタルのデータによると、マンハッタンの集合住宅の 1戸当たり平均販売価格は11年末時点で49万3980ドルと、統計開始後11 年間で最高となった。それ以前の最高は07年1-3月期の37万9970ドル だった。

原題:Manhattan Apartment Building Prices Reach Record as Rents Climb(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE