ドコモ:今期も400円増配へ、純利益予想2割増で-スマホ好調

国内携帯電話首位NTTドコモは 今期も配当を増やす方針を示した。スマートフォン(多機能携帯)販売 強化によるデータ収入増や設備投資効率化で、連結純利益予想を前期比 2割増としたことを受け、株主還元を強化する。

ドコモは近年、2年ごとに増配していたが、前期と今期で400円ず つ増やし、6000円とする。純利益予想5570億円は、ブルームバーグ・ データによるアナリスト18人の事前予想平均5517億円を上回った。

営業利益予想は中期経営計画で示していた額と同じ9000億円で、 前期比2.9%増。市場予想9090億円は下回っている。今期の設備投資 計画は前期比1.1%増の7350億円。スマホ販売目標は前期比47%増の 1300万台で、うち約6割を高速の3.9世代サービス機種とする方針。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE