近畿で老人ホームのチャームケア、初値5.3%高-ジャスダック上場

大証ジャスダック市場にきょう新 規株式公開(IPO)したチャーム・ケア・コーポレーション株は買い 気配で始まり、午前9時10分に形成した初値は1000円と公開価格の 950円を5.3%上回った。

チャームケアは大阪、奈良、京都、兵庫の近畿地方4府県で、合 計15カ所の介護付きや住宅型の有料老人ホームを運営する。2012年 6月期の単独営業利益は前期比7.2%増の6億2200万円、1株当たり 純利益は168円92銭を見込む。公開価格から算出した株価収益率(P ER)は5.6倍。

水戸証券投資情報部の岩崎利昭チーフオフィサーによると、チャ ームケアの地盤である近畿圏は「首都圏、名古屋圏と比べると、単位 人口当たりの老人ホーム施設数が少なく、その分開拓余地がある」と いう。一方、今期配当をゼロと計画しているのはマイナス要因、との 見方を示した。

IPOに伴う公募株数は30万株、売り出し30万株、オーバーア ロットメントによる売り出しは9万株。主幹事は大和証券が務める。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE