日銀展望:13年度CPIプラス0.7%に上方修正、なお1%届かず

(2、5段落目を追加し、全体を更新します)

【記者:日高正裕、藤岡徹】

4月27日(ブルームバーグ):日本銀行は27日午後、半年に1度の経 済・物価情勢の展望(展望リポート)を公表した。2013年度の消費者物 価指数(生鮮食品除くコアCPI)前年比見通し(委員の中央値)は1 月時点のプラス0.5%からプラス0.7%に上方修正、12年度もプラ ス0.1%からプラス0.3%に引き上げられた。いずれも小幅修正にとどま り、日銀が目標とする「1%」には届かなかった。

日銀はコアCPIについて、見通し期間(12、13年度)後半にかけ て「0%台後半となり、その後、当面の『中長期的な物価安定のめど』 である1%に遠からず達する可能性が高い」としている。

実質国内総生産(GDP)成長率の見通しは12年度が1月時点のプ ラス2.0%からプラス2.3%に上方修正。13年度はプラス1.6%からプラ ス1.7%に上方修正された。日銀は景気の先行きについて「新興国・資 源国にけん引される形で海外経済の成長率が再び高まり、また、震災復 興関連の需要が徐々に強まっていくにつれて、2012年度前半には緩やか な回復経路に復していく」としている。

日銀は2月14日の会合で、CPI上昇率で2%以下のプラス、当面 1%を「中長期的な物価安定のめど」として設定。1%上昇が見通せる まで実質ゼロ金利政策の維持と資産買い入れ等基金などにより、強力に 金融緩和を推進していくと表明した。

めど達成にはなお時間かかる

日銀は物価見通しを上方修正した背景について「1月の中間評価時 点と比較すると、景気の見通しが幾分上方修正されており、その分、マ クロ的な需給バランスの改善も見込まれる上、為替円高の修正や原油価 格上昇の影響もあって、幾分上振れている」と指摘。その上で「物価情 勢は『中長期的な物価安定のめど』に向かって改善しているが、その実 現にはなお時間がかかるとみられる」としている。

日銀は10月に公表する次回展望リポートで14年度までの見通しを示 す。野村証券の松沢中チーフストラテジストは「このまま景気回復が続 いたからといって、実際に1%が達成できるかはかなり不確実」としな がらも、「少なくとも日銀の将来の物価見通しには需給ギャップの改善 が反映され、ほぼ1%を出してくるだろう」とみる。

もっとも、モルガン・スタンレーMUFG証券の佐藤健裕チーフエ コノミストは「日銀の物価予想は常に上方バイアスがあり、実際の物価 は日銀予想を下振れる公算が大きい」と指摘。クレディ・スイス証券の 白川浩道チーフエコノミストも「コアCPI前年比の1%達成は14度中 も困難」と予想している。

なおも続く追加緩和期待

みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストは「仮に1% が提示された場合でも、それは日銀の希望的観測のようなものにすぎ ず、遠からず下方修正を余儀なくされるだろうと市場が判断する場合 は、追加緩和観測は根強く残る」と指摘する。実際の物価上昇率が1% に達しない限り、日銀は数次にわたって追加緩和を強いられるとの見方 も強い。

信州大学の真壁昭夫経済学部教授は「今後も金融市場や政府からの 緩和期待は高まるだろう」と指摘。「次期総裁人事が徐々に視野に入り 始めるだけに、中央銀行の独立性、信認の維持の観点から、日銀の政策 運営は一段と難しい局面に入りつつある」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE