ドイツ銀:1-3月の投資銀報酬費用は前年比23%減

独銀最大手、ドイツ銀行が1-3月 (第1四半期)に割り当てた法人・投資銀行(CIB)部門の従業員報 酬費用は前年同期から23%減少した。ソブリン債危機の影響でトレーデ ィングが振るわず収入が減少したことに対応した。

同行の26日の届け出によると、第1四半期の報酬費用は15億9000万 ユーロ(約1695億円)と前年同期の20億7000万ユーロから減少した。

トランザクションバンキングを含めたCIB部門の従業員1万4672 人の1人当たり平均は10万8301ユーロ(約1154万円)となる。前年同期 は13万4143ユーロだった。昨年10-12月(第4四半期)は5万507ユー ロ。

第1四半期の債券トレーディング収入は33億9000万ユーロと前年同 期から8.1%減少した。前四半期は10億4000万ユーロだった。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたアナリスト6人の予想は31億2000万ユー ロ。株式トレーディング収入も前四半期からは増えたものの前年同期比 では23%減となり、アナリスト予想も下回った。

第1四半期の全行の報酬費用は前年同期から15%減の37億ユーロ。 早期退職関連コストの会計処理方法の変更による変動も含まれるとい う。

原題:Deutsche Bank’s Investment-Banker Pay Fell 23% in First Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE