Deutsche Bank Sees April Slowdown as Profit Falls 33%

独銀最大手ドイツ銀行は4月に事業 環境が悪化したとの認識を示した。1-3月(第1四半期)の減益幅は 市場予想を上回った。

26日のフランクフルト市場でドイツ銀株は一時6%安と、約4カ月 で最大の下げとなった。第1四半期の純利益は前年同期比33%減の13 億8000万ユーロ(約1480億円)。ブルームバーグ・ニュースがまとめた アナリスト9人の予想平均(15億6000万ユーロ)を下回った。

今回は5月末で退任するヨゼフ・アッカーマン最高経営責任者 (CEO)の最後の決算。同CEOはこの日同行ウェブサイトに掲載し た株主宛て書簡で「4月に見られたように金融市場は依然として慎重 だ。投資家のリスク意欲は顕著に後退した」とし、「個人を中心に投資 家は昨年の市場混乱後、慎重な姿勢を維持している」と指摘した。

スイスの同業クレディ・スイス・グループのブレイディ・ドゥーガ ンCEOも25日、4月に市場環境が悪化したとの認識を示していた。

この日は英銀バークレイズのロバート・ダイアモンドCEOも「大 半の人が4月は1-3月に比べて弱かったと言うだろう」と述べた。バ ークレイズがこの日発表した第1四半期の利益はアナリスト予想を上回 った。

ただ、ドイツ銀のステファン・クラウス最高財務責任者(CFO) はこの日ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、4月の減速 は「重大」というわけではなかったとして、復活祭の祝日の影響を考慮 する必要があると述べた。昨年12月と2月の欧州中央銀行(ECB)の 3年物資金供給による「前向きの勢い」が4月に薄れたことも指摘し た。

原題:Deutsche Bank Sees April Slowdown After Net Misses Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE