【個別銘柄】富士ゼネやダイハツ、ネットワン高騰、ファナック急落

きょうの日本株市場で、株価変動 材料があった銘柄の終値は以下の通り。

KDDI(9433):前日比1.5%高の53万2000円。9月末時点の 株主を対象に1株を100株に分割し、単元株を100株にすると25日に 発表。また、スマートフォンと固定通信を同時契約すると割安な新サ ービスの契約数を伸ばすことなどで、2013年3月期の連結純利益は前 期比4.8%増の2500億円を計画。株式流動性の向上と収益性改善を見 込む買いが優勢だった。

富士通ゼネラル(6755):11%高の666円。25日発表の12年3月 期決算は、連結営業利益が前の期比21%増の133億円となり、従来予 想を2.4%上回った。海外を中心に空調機の販売が伸びた。13年3月 期は前期比13%増の150億円を計画。いちよし経済研究所では、投資 判断「買い」を継続した。

ダイハツ工業(7262):5.4%高の1533円。軽自動車販売が好調で、 12年3月期の連結純利益は前の期比24%増の651億円だった、ときょ う午前11時半に発表。従来計画の500億円から30%上振れて着地し た。前期末配当は1株32円と、前の期から12円増配。13年3月期純 利益は前期比7.5%増の700億円を見込む。

ファナック(6954):6.1%安の1万3900円。25日公表の4-9 月期(上期)の連結営業利益予想は、前年同期比3.1%減の1130億円。 クレディ・スイス証券では、会社計画は同証予想を18%下回る内容で、 予想以上に弱くネガティブと指摘。会社計画とかい離した背景を、中 国ローカル工作機械向けNC装置の需要回復が遅れていることが主因 した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、目標株価を2万1200 円から1万8840円に引き下げた。東証1部の売買代金トップ。

ネットワンシステムズ(7518):10%高の1140円。自己株式1838 万株(発行済み株式数の約16.7%)を27日に消却する、ときょう午 後1時に発表。同時に示した12年3月期の連結営業利益は前の期比

2.7倍の152億円と、従来予想から14%上振れた。また、前期末配当 も従来の1株1600円から4600円に増額。株主還元姿勢、好業績を評 価する買いが膨らんだ。

野村ホールディングス(8604):2.3%安の336円。証券取引等監 視委員会が野村HLDの都内事務所に検査官を派遣した、とロイター 通信が25日に報道。野村がインサイダー情報の漏えいに関与した疑い について、さらに踏み込んだ調査を行うという。

日立建機(6305):3.7%安の1754円。三菱UFJモルガン・スタ ンレー証券では、13年3月期の連結営業利益予想を800億円から730 億円に減額修正し、会社側が25日に公表した計画値(前期比42%増 の780億円)を下回る見込みとした。資材費などの原価低減で167億 円改善の会社計画はやや楽観的な印象と分析。同証では、目標株価を 2400円から2150円に下げた。投資判断「アウトパフォーム」は維持。

山陽特殊製鋼(5481):7.7%安の374円。きょう午後2時に発表 した12年3月期の連結純利益は前の期比18%減の64億円と、従来予 想(77億円)から17%下振れた。円高の影響や燃料・電力価格の上昇、 減価償却費の増加などが響いた。13年3月期も、前期比17%減の53 億円と続落を予想。厳しい事業環境を嫌気する売りに押された。

イビデン(4062):7.3%安の1797円。25日公表の13年3月期の 連結営業利益計画は前期比16%増の180億円と、ブルームバーグ・デ ータにあるアナリスト17人の事前予想の平均267億円を下回った。ク レディ・スイス証券では、会社計画は慎重に映るが、短期的な株価調 整は否めないと指摘。前期にFC-PKGの下振れを中心に2度の下 方修正を行った点や、今期が100周年に当たることが、会社側が慎重 な見通しを示した背景と分析した。

日立化成工業(4217):6.7%高の1514円。25日公表の13年3月 期の連結営業利益予想は前期比47%増の360億円。半導体や自動車関 連製品の需要回復を見込む。クレディ・スイス証券では、投資判断を 「中立」から「アウトパフォーム」に、目標株価を1570円から1760 円に引き上げた。ドイツ証券は、今期業績予想を下期大幅回復型だが、 違和感はないとし、判断「買い」を継続。

積水化学工業(4204):1.4%高の729円。13年3月期の連結純利 益は前期比21%増の340億円になる見通し、ときょう午後1時半に発 表。ブルームバーグ・データによるアナリスト7人の事前の同予想値 の平均(324億円)を上回った。年間配当予想は前期比3円増の18円。 また、発行済み株式総数の1.3%に当たる700万株の自社株を5月25 日に消却する方針も示し、業績堅調と株主還元姿勢が好感された。

MARUWA(5344):11%安の3030円。13年3月期の連結営業 利益は前期比15%増の33億6000万円を計画する、ときょう午後1時 40分に発表。環境関連製品や情報端末市場向け製品の伸長を見込む半 面、個人消費低迷などで予断は許さないとした。ブルームバーグ・デ ータによるアナリスト4人の事前の同予想値の平均(48億1300万円) を下回り、失望売りが膨らんだ。

タクマ(6013):7.2%高の385円。12年3月期の連結営業利益は 前の期に比べ68%増の60億円と、従来計画の50億円を2割上回った もようと25日に発表。中核事業である廃棄物処理プラントや国内外の バイオマス発電プラントが順調な進ちょくとなったほか、原価低減、 固定費削減なども寄与した。

日本航空電子工業(6807):6%高の742円。13年3月期の連結 営業利益は前期比38%増の90億円を見込む、と25日に発表。海外を 中心にスマートフォンやタブレットPC、自動車関連のコネクターな どの需要が伸びるとみる。ブルームバーグ・データによると、アナリ スト7人の事前予想値の平均は84億円。クレディ・スイス証券では、 従来からやや強気のガイダンスを出す傾向があり、詳細は5月10日の 説明会を待つ必要があるが、目先は株価強含みの可能性があるとした。

東光電気(6921):7.5%高の344円。ことし10月をめどに高岳製 作所(6621)と共同で持ち株会社を設立し、経営統合する方針を固め た、と26日付の日経新聞朝刊が報道。東京電力系の電力機器メーカー である両社の統合で、電力計から送配電システムまで一貫供給できる 体制を整備、成長が見込めるスマートグリッド(次世代送電網)市場 などの開拓を目指すという。

アイホン(6718):2.2%高の1614円。12年3月期の連結営業利 益は前の期に比べ3.3倍の16億2200万円と、従来予想の8億3000 万円から上振れたもよう、と25日に発表。主力のテレビインターホン を中心に売上高はほぼ計画通りながら、コスト削減効果が寄与した。

ニチハ(7943):2%高の999円。12年3月期の連結営業利益は 前の期に比べ33%増の69億円と、従来計画を1億円上回ったもよう、 と25日に発表。窯業系外装材の販売数量が予想比未達となり売上高は 若干下振れたが、工場稼働率の上昇や原価低減、固定費削減努力が奏 功した。期末配当も1株当たり14円から15円に増配、年間でも24 円から25円に見直し前の期の4円から大幅増配となった。

コクヨ(7984):2.2%高の605円。1-3月期(第1四半期)の 連結営業利益は前年同期比24%増の56億円だった、と25日に発表。 4社の新規連結化、オフィス通販カウネットの好調などが寄与した。 前期比3.1%増の42億円としている12年12月通期予想を既に上回る。

ユニバーサル園芸社(6061):大証ジャスダック市場にきょう新規 株式公開(IPO)し、公開価格(1310円)を11%上回る1455円で 初値を付けた。終値は1409円。観葉植物のレンタルが主力で、オフィ スや商業施設などの法人を主要顧客としている。園芸関連商品の販売 や造園事業なども展開。12年6月期の連結営業利益は前期比14%増の 4億5400万円、1株当たり純利益は175円83銭を見込む。公開価格 から算出した株価収益率(PER)は7.5倍だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE