ブレイナード米財務次官:欧州が米景気回復に依然最大のリスク

ブレイナード米財務次官は25日、 「世界の経済見通しと米景気回復にとって、欧州が引き続き最大のリス クとなっている」との見解を明らかにした。

同次官はボストン・エコノミック・クラブで講演し、欧州の多くの 国々が「民間部門の需要が弱い時に、公共支出を大幅に削減する必要性 に直面している。緊縮政策とリセッション(景気後退)の下方スパイラ ルを回避し、改革を後退させないよう慎重にバランスを取ることが必要 だ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE