アジア株:MSCI指数、5日ぶり反発-決算と韓国指標好感

25日午前のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数が5営業日ぶりに反発した。企業決算が予想 を上回ったほか、韓国の4月の消費者信頼感指数が11カ月ぶり高水準と なったことが好感された。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前11時27分現在、前日 比0.2%高。ハイテク株が上げをけん引している。

台北市場では、米アップルの製品を受託生産する台湾の鴻海精密工 業が上昇。ブルームバーグが集計したデータによれば、同社は売上高 の37%をアップルから得ている。アップルが24日発表した1-3月(第 2四半期)決算は2倍近い増益となった。アップル向けに半導体やパネ ルを生産する韓国のサムスン電子は1.5%高。一方、牛丼の吉野家ホー ルディングスは下落。米国で牛海綿状脳症(BSE、狂牛病)が確認さ れたことが響いた。

原題:Asian Stocks Gain on Earnings as Yen Drops; Cattle Futures Rise(抜粋)

--取材協力:Jae Hur.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE