豪農林水産省:米BSE感染牛確認で状況を注視している

世界最大の牛肉輸出国であるオース トラリアは、米国で牛海綿状脳症(BSE)に感染した牛が確認された のを受け、状況を見守っていると表明した。

豪農林水産省は電子メールで配布した資料で、「米国でBSE感染 が確認されたことは承知している。豪州は米国の蓄牛からの肉や肉製品 を輸入していない」とした。

原題:Australia Says Monitoring Case of Mad-Cow Disease Found in U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE