中国銀行傘下のBOCI、LMEの会員権取得-中国企業初

中国銀行傘下のBOCIグローバ ル・コモディティーズ(UK)は、中国企業で初めて、世界最大の金属 取引所であるロンドン金属取引所(LME)の会員となった。

LMEは24日の取締役会後に出した通知書で、BOCIが電話取引 と電子取引の権利が得られるカテゴリー2の会員として承認されたこと を明らかにした。

バークレイズ・キャピタルによれば、中国は世界の銅消費の 約39%、アルミニウムでは42%をそれぞれ占めている。BOCIのアー サー・ファン最高経営責任者(CEO)によれば、LMEの取引の5割 以上が中国の顧客によるものだという。

クレディ・アグリコルのアナリスト、ロビン・バー氏(ロンドン在 勤)は「中国は今では世界最大の消費国だ」と指摘。「中国企業が会員 になるのは全く理にかなっている」と述べた。

LMEのカテゴリー2の会員数は現在、米ゴールドマン・サック ス・グループや豊田通商を含む27社。このカテゴリーの会員はリング (立会場)での取引には参加できない。リング取引が可能なカテゴリー 1の会員数は12社。

原題:Bank of China Unit Approved as Member of London Metal Exchange(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE