BOAとモルガンS、商業用不動産証券に共同応札へ-関係者

ニューヨーク連銀が保有する商業用 不動産ローンを担保とした証券(74億9000万ドル相当)の入札をめぐ り、バンク・オブ・アメリカ(BOA)とモルガン・スタンレーが共同 で応札する。同入札の事情に詳しい複数関係者が明らかにした。

取引が一般に公開されていないとして匿名を条件に応じた同関係者 によると、BOAとモルガン・スタンレーは24日、額面1ドルにつき 約60セントの仮見積りを配布した。入札対象となっている不動産証券 は、ドイツ銀行が発行した2件の債務担保証券(CDO)で構成され る。ニューヨーク連銀はアメリカン・インターナショナル・グループ (AIG)を救済した際に同証券を取得した。最終応札期限はニューヨ ーク時間26日午前9時。

10日の発表文によると、ニューヨーク連銀はAIG救済時に取得し た資産の受け皿となる「メイデン・レーンⅢ」が保有する「MAX・ CDO」に対して「複数」から買い取りの申し出を受けたことで、ブロ ーカーディーラー8社に入札への参加を要請した。前日には事情を知る 別の関係者がシティグループとクレディ・スイス・グループ、ゴールド マン・サックス・グループも共同で応札する準備を進めていると話し た。

原題:Bank of America, Morgan Stanley Said to Pair on Maiden Lane Bid(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE