米AT&T:1-3月利益は予想上回る-利用料増加が寄与

米通信最大手、AT&Tの1-3月 (第1四半期)決算は、利益がアナリスト予想を上回った。携帯電話サ ービスの契約顧客によるウェブサイトや動画の閲覧、電子メールの利用 料増加が寄与した。

同社の24日発表によれば、1株当たり利益は60セントと、前年同期 の57セントから増加。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想の平均 は57セントだった。売上高は前年同期比1.8%増の318億ドル(約2 兆5800万円)と、アナリスト予想に一致した。

AT&Tは新規加入者数の伸びが鈍化しているものの、アップルの 「iPhone(アイフォーン)」をはじめとする多機能携帯電話の販 売促進に努め、月間利用料の押し上げで補っている。1加入者当たりの 平均月間売上高(ARPU)は前年同期比1.7%増加。一方、新規加入 者数は18万7000人と、ブルームバーグがまとめたアナリスト8人の予想 平均、18万9285人を下回った。

原題:AT&T Profit Beats Estimates as IPhone Helps Boost Monthly Bills(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE