ドイツ銀:1-3月減益の公算、投資銀環境は改善-26日発表

ドイツ銀行の1-3月(第1四半 期)決算は前年同期比で減益となったともようだ。投資銀行の業績が回 復したものの、前年同期の水準には戻らなかったとみられる。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト9人の予想平均で は、純利益は15億6000万ユーロ(約1670億円)と前年同期の20億6000万 ユーロを下回った見込み。2011年10-12月(第4四半期)の利益は1 億4700万ユーロだった。

投資銀行部門の税引き前損益は回復し16億4000万ユーロの黒字と見 込まれる。前四半期は赤字だった。欧州中央銀行(ECB)による昨 年12月から計1兆ユーロ余りの資金供給がトレーディング環境を改善さ せたものの、ドイツ銀の利益は前年同期に並ぶまでには回復しなかった とみられる。

クレディ・スイス・グループのアナリスト、アミット・ゲール氏は ECBの3年物融資によって、「年初6-8週間の欧州の投資銀行の収 益環境は改善していた」と指摘している。

ドイツ銀株は年初から11%上昇。同行は26日に第1四半期決算を発 表する。5月末で退任するヨゼフ・アッカーマン最高経営責任者 (CEO)の下での最後の決算発表となる。

原題:Deutsche Bank First-Quarter Profit May Fall From Year Ago: Table(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE