インドのルピー建て社債発行額、最高更新も-クレジット市場

インド企業による今年のルピー建て 社債発行額が過去最高を更新する見通しだと、同通貨建ての社債引き受 けで首位のアクシス銀行はみている。インド準備銀行(中央銀行)が3 年ぶりの利下げに踏み切ったことが背景だ。

アクシス銀の債券資本市場責任者シャシ・カント・ラティ氏は19日 にムンバイで行ったインタビューで、今年の発行額は最大20%増える可 能性があると予想。調達資金の約75%は、既存の社債の借り換えに充て られるという。国内鉄鋼最大手のタタ・スチールとインディアン銀行 は、インド中銀が政策金利を8%に引き下げた後に発行計画を発表。同 中銀は年内の利下げは今回限りの可能性であることを示唆している。

政府は今年度(2012年4月-13年3月)、過去最大規模の国債発行 (5兆6900億ルピー=約8兆7200億円)を計画していることから、イン ド企業各社は金利が再び上昇する前に社債を発行する準備を進めてい る。最高格付け企業の社債利回りは今月18ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)低下して9.36%となる一方、5年物インド国債利回りは アジアの主要13カ国で最も高く、中国のほぼ3倍の水準にある。

ラティ氏は「利下げサイクルが始まるといつも、投資意欲が高まる ため発行が持ち直す」と指摘した。アクシス銀は昨年インドで発行され たルピー建て社債1兆8000億ルピーのうち16%を扱った。同通貨建て社 債引き受けで5年連続首位の同行によれば、社債利回りは今後3カ月 で15-20bp低下する見通し。

ブルームバーグが集計したデータによると、今年これまでに同国で 発行されたルピー建て社債は5660億ルピーで、前年の同時期を34%上回 る水準。今年最大の発行額はインド鉄道金融公社が2月に実施した期 間10年と15年の合計630億ルピーで、10年債の表面利率は8%、15年債 は同8.1%だった。

原題:Top Underwriter Axis Sees Record Bond Sales in ‘12: India Credit(抜粋)

--取材協力:George Smith Alexander、Anoop Agrawal.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE