NY原油時間外:2日ぶり安値近辺-原油在庫の増加観測嫌気

ニューヨーク原油先物相場は24日の 時間外取引で2営業日ぶり安値近辺での推移。米原油在庫が11カ月ぶり の高水準に増加するとの観測が嫌気された。

原油先物は小動き。前日の通常取引は0.7%下落。米エネルギー省 が25日に発表する先週の原油在庫は、ブルームバーグ・ニュースの調査 (中央値)によると、265万バレル増の3億7170万バレルが予想されて いる。シティグループは、欧州連合(EU)がイラン原油の禁輸に踏み 切る7月以降には米国が戦略備蓄原油を放出する可能性が高いとの見通 しを示した。

商品市場に関するシドニーのニュースレター、バラッツ・ブレティ ンのジョナサン・バラット最高経営責任者(CEO)は「強気派と弱気 派で市場は真っ二つに分かれている。材料はかなりあるが、誰も主導権 を取ろうという者がおらず、値動きは小幅にとどまっている」と述べ た。

原油先物6月限はシドニー時間午前11時12分(日本時間同10時12 分)現在、4セント高の1バレル当たり103.15ドルで推移している。前 日の通常取引は77セント安の103.11ドルで引けた。年初来の上昇率 は4.4%。

原題:Oil Trades Near Two-Day Low on Sign U.S. Supply at 11-Month High(抜粋)

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE