オランド候補にドイツ勢が反論、「緊縮路線外れれば信頼失う」

フランス大統領選の第1回投票で首 位となった社会党のオランド候補が緊縮財政政策を批判したことに、ド イツから反論が相次いだ。

オランド候補は緊縮ばかりで成長見通しのない状況が、第1回投票 で反ユーロを掲げる国民戦線のルペン党首が得票数を伸ばした理由だと 指摘。「欧州はただ緊縮だけを押し付けることはできない」と語った。

これに対しドイツのメルケル首相は24日ベルリンでの会議で、「歳 出削減が全ての問題を解決すると言っているわけではない」とした上 で、そうは言っても「稼ぐ以上を費やすことはできない。一生をそのよ うにして生きることはできない。それは誰もが知っていることだ」と論 じた。

ドイツのウェスターウェレ外相は、規律強化の財政協定は合意済み のもので選挙結果による再交渉はあり得ないと発言。メルケル首相率い る与党キリスト教民主同盟(CDU)のペーター・アルトマイヤー幹事 長も24日、仏大統領選挙の5月6日の決選投票で誰が選ばれようと財政 協定は実施されると言明した。

同幹事長はベルリンでのインタビューで、「オランド候補が歳出を 増やし節減策を後退させると言えば、金融市場の信頼を失う」と警告。 「われわれは基本原則を堅持し続ける。代替策は存在しない」と述べ た。

原題:Hollande Meets German Resistance in Call to Drop Austerity (1)(抜粋)

--取材協力:Caroline Connan、David Tweed、Tony Czuczka、Patrick Donahue.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE