米財務次官補:元本削減は重要な手段-住宅危機からの回復で

米財務省のミラー次官補は、米住宅 危機によるダメージ回復に向けた取り組みで元本削減は「重要な手段」 の一つだとの認識を示した。

同次官補は23日の講演テキストで、「一部のケースでは、元本削減 は長期的に投資家の損失を減らし、差し押さえの回避に寄与するため、 住宅保有者と貸し手の双方にとって経済的に理にかなう」と述べた。

住宅市場については、「安定化の兆しが見え始めているが、依然と して弱い」との見方を示した。

原題:Treasury’s Miller Says Principal Reduction an Important Tool(抜粋)

--取材協力:Kevin Costelloe.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE