ECB:国債購入の決済を6週連続で実施せず

欧州中央銀行(ECB)は23日、国 債購入に伴う決済を6週連続で実施しなかったことを明らかにした。

ECBは2010年5月の証券市場プログラム(SMP)開始以降に生 じた2140億ユーロ(約23兆円)の流動性を吸収するため、24日に7日物 預金入札を行うことも明らかにした。国債購入によるインフレ加速を防 止するための措置。

ECBは2回にわたる3年物資金供給オペで総額1兆ユーロ余りを 金融機関に供給し、国債相場の上昇につながったことから、国債購入プ ログラムを停止している。ただ、スペインに救済が必要になるとの懸念 が再燃しており、欧州や世界の当局者は追加の危機収拾策を議論してい る。スペインのラホイ政権はECBによる国債購入プログラムの再開を 求めているが、ECBの当局者はスペインとイタリアが追加策で合意す る必要があるとしている。

原題:ECB Didn’t Settle Any Government Bond Purchases for a Sixth Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE