米ゼロックス:1-3月利益は予想上回る-サービス需要好調

プリンターやビジネスサービスを提 供する米ゼロックスの1-3月(第1四半期)決算は、利益がアナリス ト予想を上回った。企業や政府がコスト削減でアウトソーシング(業務 外部委託)を進めていることが追い風となった。

ゼロックスの23日発表によれば、一部項目を除いた利益は前年同期 比ほぼ変わらずの1株当たり23セント。ブルームバーグがまとめたアナ リスト予想の平均は同22セントだった。純利益は2億6900万ドル (約218億円、1株当たり19セント)と、前年同期の2億8100万ドル (同19セント)から4.3%減少した。

売上高は前年同期比約1%増の55億ドルと、アナリスト予想の54 億5000万ドルを上回った。サービス収入は9%増加。為替変動の影響を 除いた同収入は10%増だった。

プリンターやプリンター備品を含むテクノロジー製品の売上高は 6%減少。機器購入を控え印刷をアウトソーシングに振り替える企業が 増えたことが背景。ゼロックスは売上高について、「弱いマクロ経済環 境」も影響したとの見方を示した。

同社は一部項目を除く第2四半期の利益見通しを1株当たり25-28 セントと予想。アナリストの予想平均は同26セントだった。通期につい ては1.12-1.18ドルで据え置いた。年内に最大11億ドル相当の自社株買 いを実施する計画も明らかにした。

原題:Xerox Earnings Beat Estimates on Technology-Services Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE