ECBへの危機対策の圧力、IMF会合でなかった-ボンニチ氏

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、マルタ中銀のボンニチ総裁は、国際通貨基金(IMF)の 春季会合に参加した当局者からECBに危機対策強化を迫る圧力はなか ったとの見解を示した。マーケット・ニュース・インターナショナル (MNI)が同総裁とのインタビューを引用して報じた。

MNIによると、ボンニチ総裁は「ECBへの圧力が実際にあると は思えない」と発言し、「ECBは既にかなりの措置を講じた。現行の 政策金利は極めて低く、これが必ずしも有効な解決策となるかは明白で はないが、われわれは明らかに選択肢を残してある」と述べた。

原題:Bonnici Says ECB Wasn’t Pressured at IMF Meeting, MNI Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE