欧州投資銀行(EIB)は、ギリシャ 企業向け融資契約について、同国がユーロ圏から離脱し旧通貨ドラクマ を再導入した場合には融資条件を再交渉することを定めた条項などを盛 り込むことを求めている。ギリシャ紙カティメリニが情報源を明らかに せずに報じた。

同紙によれば、ギリシャ企業パブリック・パワーは2週間前、総 額7000万ユーロ(約75億円)の融資をめぐる交渉で、ギリシャのユーロ圏 離脱またはユーロ圏の分裂に伴い通貨が変わる場合は融資条件を再交渉 することと、支払い不能の際の対応が英国法に基づくことを定めた新た な2つの条項に同意するよう求められた。

EIBは、救済の対象となったギリシャとアイルランド、ポルトガ ル企業向けの新規融資契約にこの通貨条項を盛り込み、段階的に全ての ユーロ圏諸国に対象を拡大する方針。EIBのライナー・シュリット報 道官(ルクセンブルク在勤)に21日の通常の業務時間外に電話取材を試み たが応答がなく、電子メールに対してもこれまでのところ返信がない。

原題:EIB Asks Greek Firms to Sign Loan Clauses, Kathimerini Reports(抜粋)