米経済に一段と強気、雇用増やす方針-NABEの企業調査

今年の米経済に対する企業各社の見 方は一段と強気になっており、需要改善に伴い雇用を増やす計画だ-。 全米企業エコノミスト協会(NABE)の最新調査で、こうした状況が 明らかになった。

NABEが23日発表した4月の調査によれば、約78%の企業が米経 済の成長率が2012年に2%を超えると予想。この割合は1年ぶりの高水 準。1月の調査では65%だった。

10社中約4社が今後6カ月間に雇用が上向くと見込んでおり、この 割合は11年7月以来の高水準。66%が今後3カ月間は物価が変わらない と答え、ほぼ3年間に及ぶ景気拡大を支えるため米連邦準備制度理事会 (FRB)が政策金利を低水準に維持する余地があることを示唆してい る。

NABE見通し調査委員会のナヤンタラ・ハンセル委員長は、調査 結果が「経済情勢の改善」を示していると述べ、原油高や欧州債務危機 の企業に対する潜在的な影響への懸念はそれほど大きくないと指摘し た。

4月の調査では、60%の企業が売り上げが伸びていると回答。1年 ぶりの高い割合となった。1月の調査では41%が需要が拡大していると 答えていた。調査対象となった製造業の約83%が売り上げが増えている とし、製造業が引き続き景気を支えていることを示唆した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE