米モルガン・スタンレー:日本の債券統括本部長の浜中氏が退社へ

米モルガン・スタンレーで日本の債 券統括本部長だった浜中正志氏(45)が辞任し、近く退社することが明 らかになった。家族の都合に伴うものだという。

後任には、これまで債券トレーディング本部長を務めていたミッチ ェル・ネイデル氏が先週就任した。また債券営業本部長には橋本幸子氏 が就き、拠点を香港から東京に移す。モルガン・スタンレーMUFG証 券の渡辺美嘉広報担当がブルームバーグ・ニュースの取材に答えた。

モルガンSの1-3月(第1四半期)決算では、債券トレーディン グ収入(会計上の調整を除いたベース)が前年同期比で34%増えた。こ れに対してシティグループは19%増。ゴールドマン・サックスは約15% 減となっていた。この期間のモルガンSの債券セールストレーディング 収入は25億9000万ドルだった。

ネイデル氏は2010年にバンク・オブ・アメリカからモルガンSに 入社した。

モルガンSの10年度の日本での営業収益は805億円と前年度から 倍増し、純利益は225億円となった。受け入れ手数料も513億円と約2 倍となった。11年度の決算はまだ発表されていない。

また同社では14年にも日本拠点のオフィスを恵比寿ガーデンプレ イスタワーから千代田区の大手町フィナンシャルシティに移す計画が 今月明らかになっている。これにより、金融機関や事業会社へのアクセ スがしやすくなる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE