4月の独Ifo景況感上昇、9カ月ぶり高水準-危機克服の兆候

ドイツのIfo経済研究所がまとめ た4月の独企業景況感指数は予想に反して上昇し、9カ月ぶり高水準に 達した。再燃したソブリン債危機を、ドイツ経済が乗り越えられる兆候 が高まった。

20日発表された4月の独Ifo企業景況感指数は109.9と、6カ月 連続で上昇。前月は109.8だった。ブルームバーグがまとめたエコノミ スト40人の調査では中央値で109.5への低下が予想されていた。同指数 は昨年9月以来、予想を毎月上回ってきた。

債務危機に伴う欧州の需要減少を背景にドイツ経済は昨年10-12月 (第4四半期)にマイナス成長となったものの、リセッション(景気後 退)入りは回避した可能性がある。同国企業は成長著しいアジア市場向 けの売り上げを伸ばしたほか、失業率は約20年ぶり低水準で国内消費も 好調だ。欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた今月の企業景況感 指数も予想外に上昇し、約2年ぶり高水準となった。

ソシエテ・ジェネラルのチーフ欧州エコノミスト、ジェームズ・ニ クソン氏(ロンドン在勤)は「ドイツの経済指標は債務危機にもかかわ らず驚くほど弾力性がある」とし、「ドイツ経済は国内経済と輸出の見 通し双方において力強い」と続けた。

4月の期待指数は102.7で前月から変わらず。現状指数は117.5と、 3月の117.4から上昇した。

ユーロの対ドル相場は発表直後に上昇し、1ユーロ=1.3180ドルと なった。

原題:German Business Confidence Unexpectedly Rose to 9-Month High (1) (抜粋)

--取材協力:Gabi Thesing、Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE