ギリシャ首相:企業支援が最優先事項、市中銀は積極的に関与を

ギリシャのパパデモス首相は20日、 5年にわたるリセッション(景気後退)に見舞われているギリシャの最 優先事項は企業支援だとの見解を示した。

同首相はアテネでの会議で、「政府は金融資源が実体経済に行き渡 ることを確実にするためできる限りのことをしている」と発言。ギリシ ャの市中銀行は積極的な役割を演じるとともに、経済活動のための責任 を負う必要があると続けた。

さらに、その実現に「必須」となるのが国内銀行の資本強化だと言 明。これに向けて欧州金融安定化ファシリティー(EFSF)から19日 に250億ユーロ(約2兆6800億円)の送金があったとし、この金額は必 要となる規模の半分だと説明した。

原題:Papademos Says Supporting Greek Businesses Is a Top Priority(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE