欧州は危機解決の取り組み強化を-G20草案、緊張増大を警告

【記者:Meera Louis、Simon Kennedy】

4月20日(ブルームバーグ): 20カ国・地域(G20)は2年にわた る欧州の債務危機が世界の成長をなお脅かしていると警告、欧州各国政 府に対しては債務危機解決に向けた責任が依然として彼らの側にあると 指摘した。

G20財務相・中央銀行総裁会議が20日にワシントンで開催される。 国際通貨基金(IMF)や米国に続きカナダとオーストラリアの財務相 も、スペインに波及している混乱の沈静化への取り組みを強化するよう 欧州に圧力をかけた。ブルームバーグ・ニュースが入手した同会議の声 明草案によると、G20は世界経済の足かせとなる要因として最初に欧州 を挙げている。

IMFのラガルド専務理事はIMFの資金基盤強化で約3200億ドル (約26兆円)の拠出表明があったことを歓迎したが、IMFは緊急支援 を果たすだけで、欧州は自衛し、経済成長を引き上げ、債務削減を実施 しなければならないと訴えた。イタリアとスペインの国債価格は19日、 危機が悪化しつつあるとの観測から下落した。

G20は声明草案で欧州の混乱などといったリスクを認めている。草 案は、「最近緊張が増している」としながらも、「緩やかに世界の景気 回復が継続」し、「テールリスク」の低減が示唆されていると指摘。 「ただ、2012年の成長見通しは緩やかな水準にとどまっている」とし、 「大きな下振れリスクが依然として残っており、われわれはこうしたリ スクをさらに低減させるよう引き続きコミットしている」と明記してい る。草案は会議で修正される可能性がある。

欧州は先月、自らのファイアウォール(防火壁)を8000億ユーロと することで合意したが、カナダのフレアティ財務相はそれだけでは足り ないと指摘する。同相はIMFの資金基盤は十分で、欧州がさらに多く の措置を講じるべきだとして、ガイトナー米財務長官とともに追加拠出 を拒んでいる。豪州のスワン財務相も、「重要な改革が欧州の混乱の波 及リスクを最小化する上で引き続き必要だ」との声明を発表している。

これに対し、ワシントンに到着した欧州当局者は自らの措置を擁護 している。欧州中央銀行(ECB)のアスムセン理事は「欧州諸国は自 らの役割を果たしている」とし、「IMFの資金基盤強化は、今度はわ れわれのパートナー次第で、これにはカナダなど多くの国が含まれる」 と主張している。

原題:Europe Urged to Fix Crisis as G-20 Warns of Increased Stress(抜粋)

--取材協力:Sara Eisen、Margaret Brennan、Jeff Black、Andre Soliani、Rainer Buergin、Eric Martin、Theophilos Argitis. Editors: Kevin Costelloe, Gail DeGeorge

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE