スペインとイタリアは年内に格下げへ、危機悪化で-シティ

スペインとイタリアのリセッション (景気後退)と債務危機の悪化を受けて、米格付け会社のムーディー ズ・インベスターズ・サービスとスタンダード・アンド・プアーズ (S&P)は今年、両国を格下げするとの見通しを米シティグループの エコノミストとストラテジストが示した。

シティは18日遅くに公表したリポートで、両国に加えてアイルラン ドとポルトガルの信用格付けも今後2-3四半期の間に少なくとも1段 階引き下げられると予想。「欧州通貨同盟(EMU)の全ての周辺国は 今年と2013年に赤字が当局の予想を突破するだろう」との見方を示し た。

同社エコノミストらは欧州連合(EU)と欧州中央銀行 (ECB)、国際通貨基金(IMF)のいわゆるトロイカによるギリシ ャ向け支援パッケージに言及し、「スペインは今年、何らかの形でトロ イカのプログラムに入る必要が生じるだろう」と指摘した。

スペインに救済は不要だとラホイ首相が繰り返す中でシティが警告 したのは、欧州債務危機の再燃が背景にある。スペインが3月2日に今 年の赤字目標を達成できない見通しを示したことをきっかけに債券利回 りが上昇し、欧州周辺国の国債に対する投資家の信頼感は損なわれてい る。18日にはイタリアも財政均衡を達成する目標を1年遅らせ2014年と した。

ムーディーズは2月13日の欧州6カ国格下げの際に、イタリアを 「A2」から「A3」、スペインを「A1」から「A3」にそれぞれ引 き下げ、両国の格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」とした。その 1カ月前には、S&Pがユーロ圏9カ国を格下げし、スペインを「AA -」から「A」に、イタリアを「A」から「BBB+」にそれぞれ格下 げし、見通しは「ネガティブ」としていた。

シティは「スペインの格付けが今年、S&Pによって2段階、ムー ディーズによって1段階、それぞれ引き下げられる」と予想。より長期 的には両格付け会社がさらに1段階格下げするとの見通しを示した。

原題:Spain, Italy Set for Downgrade as Bailout Looms, Citigroup Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE