米モルガン・スタンレー、投資銀行部門の報酬費用10%増やす

米モルガン・スタンレーは1-3月 に、投資銀行部門の報酬費用として21億1000万ドル(約1720億円)を割 り当てた。前年同期から10%増やした。

同部門の収入は会計上の費用を除いて33%増の50億ドルとなった。 トレーダーやバンカーが所属するインスティチューショナルセキュリテ ィーズ部門の給与・賞与・手当てを合わせた報酬費用は調整後収入 の42%に相当。比率は同ベースで計算した前年同期の51%から低下し た。同社がウェブサイトにデータを掲載した。

ジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は利益率改善に向 け報酬を抑制、現金賞与を制限し報酬の返還(クローバック)条項も厳 しくしている。ゴーマン氏の昨年の報酬は25%減だった。

モルガン・スタンレー全社の報酬費用は1-3月に前年同期から 3%増え44億3000万ドル。調整後の収入は14%増の89億ドルだった。全 従業員5万9569人の1人当たり平均は7万4384ドル(約607万円)にな る。前年同期は6万2494人に対し1人当たり6万8567ドルだった。同社 はインスティチューショナルセキュリティーズ部門の人員数を明らかに しない。

3月末時点の従業員数が1万7193人だったブローカー部門は21 億500万ドルを報酬費用に割り当てた。収入に対する割合は62%で前年 同期からほぼ変わらず。

原題:Morgan Stanley Boosts Investment Bank’s Compensation Pool 10%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE