インド、長距離ミサイル「アグニ5」を発射実験-中国射程内

インドは中国北部まで射程に入る長 距離ミサイルの発射実験を初めて行った。

テレビ局CNN・IBNの報道によると、核弾頭搭載が可能な長距 離ミサイル「アグニ5」は現地時間19日午前8時5分(日本時間同11 時35分)ごろ、インド東部オリッサ州で打ち上げられた。アグニ5は重 さ50トン、全長17.5メートルで射程距離は5000キロメートル。同ミサイ ルを製造した政府系の国防研究開発機関(ORDO)のラビ・クマー ル・グプタ報道官の携帯電話に2回連絡したが、返答はなかった。

IHSのIHSジェーンズ部門のアジア太平洋軍事アナリスト、プ ーニマ・サブラマニアム氏は今回の発射実験について、「インドと中国 のミサイル能力の格差縮小」が狙いだと語る。「射程距離が広域で陸上 および海上で発射するミサイルの開発プログラムはインドの核戦略で重 要な要素になっている」と述べた。

実験が成功すれば、インドは射程が5500キロ以上の大陸間弾道ミサ イルを6番目に配備する国に一歩近づく。国際戦略研究所(IISS、 本部ロンドン)によると、国連安全保障理事会の常任理事国5カ国だけ が、こうしたミサイルを保有している。

原題:India Test-Fires Longest-Range Missile to Counter Neighbor China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE