世銀:途上国を支援する社会的セーフティーネット強化へ

世界銀行は社会的セーフティーネッ トを強化する計画だ。世界金融の変動性や食品・燃料の値上がりの影響 から十分に守られていない発展途上国の約60%の国民を支援する。

世銀は、21日に開催する世銀・IMF合同開発委員会の中心議題 が、現金移転や食糧支援、公共事業プログラム、諸経費の免除の拡大に なるとの見通しを18日明らかにした。これらの措置を通じて、各国の危 機対応と根強い貧困との闘いを支援する。

ゼーリック世銀総裁は電子メールで配布した発表資料で、「セーフ ティーネットは人々の生活を変え、大規模な予算を投じることなく包括 的成長のための基盤を提供し得る」とした上で、「効果的なセーフティ ーネットというものは、就職や経済的ショックへの対処、健康状態の改 善、教育、子どもの福利向上の支援を通じて、貧困を克服し、経済的機 会と男女平等を促進する」と説明した。

原題:World Bank Plans to Expand Safety Net for Developing Nations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE