米アメックスの1-3月:6.7%増益-カード支出増などで

米クレジットカード会社、アメリカ ン・エキスプレスの1-3月(第1四半期)決算は、前年同期比 で6.7%増益となった。顧客の支出が伸びたほか、貸し倒れ償却率が業 界で最低だったことが寄与した。

18日の発表によると、純利益は12億6000万ドル(約1025億円、1株 当たり1.07ドル)と、前年同期の11億8000万ドル(同0.97ドル)から増 加。ブルームバーグが集計したアナリスト22人の予想平均は1株当た り1.01ドルだった。純収入は8.3%増の76億1000万ドル。

アメックスは米連邦準備制度理事会(FRB)のストレステスト (健全性審査)の対象となった大手金融機関19行の中では、深刻なリセ ッション(景気後退)に最も耐久力があるとされる部類に入ったことか ら、増配と自社株買いを進めている。同社によると、1-3月期の貸し 倒れ償却率は2.3%と、前年同期の3.7%から低下し、米クレジットカー ド大手6社の中で最も低水準となった。

ケネス・チェノルト最高経営責任者(CEO)は発表文で、「カー ドメンバーの支出拡大や優れた与信基準、規律ある経費管理によって過 去最高の1-3月期の利益と収入を確保し、今年のスタートを切ること ができた」と述べた。

アメックスの株価は時間外取引で一時14セント安の57.90ドルとな った。年初来では23%上昇している。

1-3月期の米カード事業の利益は35%増の7億5200万ドルだっ た。海外は4%増の1億9700万ドル。

アメックスによると、世界のカード利用額は12%増の2112億ドル。 個人の利用は平均3772ドルとなり、前年同期から10%伸びた。経費総額 は4%増の54億3000万ドル。

原題:AmEx Profit Increases as Spending Climbs, Defaults Improve (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE