UBS:米国M&A責任者エーレン・シュテンツラー氏も退社

スイス銀行最大手UBSの米国 M&A(企業の合併・買収)共同責任者、エーレン・シュテンツラー氏 が退社した。同行をめぐっては米州投資銀行責任者だったアリエ・ブル コフ氏の退職が17日明らかになったばかり。

UBSの広報担当ピーター・マキロップ氏は、シュテンツラー氏 が18日に辞職したことを明らかにした。事情に詳しい関係者1人が詳細 の非公開を理由に匿名で語ったところでは、シュテンツラー、ブルコフ 両氏は2つの銀行からのオファーを検討する一方、自ら会社を起こす可 能性も探っており、今後数週間以内に決断する考えだ。

両氏はUBS在勤中、コムキャストといったテクノロジー・メディ ア・通信企業のトップ・ディールメーカーとして知られていた。

UBSからは2009年以降、50人を上回る米国のインベストバンカー が流出し、過去1年間ではM&Aグローバル共同責任者のケーリー・コ ッチマン氏、米州株式資本市場責任者のメアリー・アン・デイナン氏ら が他社に移籍した。

原題:UBS’s U.S. M&A Co-Head Resigns in Second Departure This Week (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE