4月18日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:円続落、日銀が追加緩和を示唆-レアルも下落

ニューヨーク外国為替市場では、円が主要取引通貨の大半に対して 続落した。世界の経済成長が勢いを増したとしても、追加緩和が必要と なる可能性があると日本銀行が示唆したことが手掛かり。

ブラジル・レアルは下落。同国中銀が18日に政策金利を75ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01ポイント)引き下げるとの観測が背景。 ドルは円に対して1週間ぶり高値を付けた。日銀の西村清彦副総裁は、 当局は今後も追加的な手段を講じる姿勢にあると発言。これを受けて円 売りが広がった。好調な成長見通しを背景にカナダ・ドルは他の資源国 通貨に対して上昇。また、イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委 員会のアダム・ポーゼン委員が資産購入枠の規模について、従来の拡大 から維持に主張を変更したことを受け、英ポンドは買い進まれた。

ウェルズ・ファーゴの為替ストラテジスト、ヴァシーリ・セレブリ アコフ氏(ニューヨーク在勤)は「ファンダメンタルズ面での違いが鮮 明になったことで、ここ2-3日はリスク意欲に左右された動きではな かった。クロスレートでカナダ・ドルが突出していたことを見れば分か る通りだ」と指摘。「金融市場のまずまずの安定を前提とすれば、成長 の加速は円が取り残されることを意味する」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時35分現在、円はグラフに対して前日 比0.4%安の1ユーロ=106円57銭。前日も0.4%下げていた。この日は ドルに対して0.5%安の1ドル=81円25銭。一時、81円57銭と10日以来 の安値に下げた。ユーロは対ドルでほぼ変わらずの1ユーロ=1.3117ド ルとなっている。

日銀の西村副総裁が、景気回復の勢いを支えることが極めて重要と の見解を示したことを受け、円は英ポンドに対して最も下げた。同副総 裁は岡山市内での会見で、「日銀として、今後も必要に応じて追加的な 手段を講じていく姿勢にある」と述べた。

資産購入拡大か

西村副総裁の発言を受け、日銀は今月27日の金融政策決定会合で3 カ月で2度目となる資産購入資金の拡大を決定するとの観測が強まっ た。

ブルームバーグ相関加重通貨指数によると、過去3カ月間で円 は7.6%低下し、下落率が最も大きい。ドルは1.6%低下。ユーロ は0.6%上昇した。

ブラジル・レアルはこの日、ドルに対して0.8%安の1ドル =1.8758レアル。一時、 1.8839レアルと年初来安値を付ける場面もあ った。同国中銀がこの日の会合で政策金利を引き下げるとの観測が背景 にある。

金利先物の動向によると、トンビニ総裁率いるブラジル中銀は政策 金利を0.75ポイント引き下げ9%に設定すると予想されている。

カナダ・ドル上昇

カナダ銀行(中央銀行)はこの日発表した金融政策報告で、従来予 想を上回る経済成長となりそうだとの見解を示し、欧州のリスク減退や 米国の消費者信頼感と景況感の改善を理由に挙げた。

野村ホールディングスの外国為替ストラテジスト、チャールズ・サ ンタルノー氏(ニューヨーク在勤)は、「欧州問題が大幅に弱まったこ とを受け、各国中銀はリスクシナリオではなく基本的な成長シナリオで 政策を見直し始めている」と述べた。

カナダ中銀は前日、政策金利を1%に据え置いた。金利据え置き は13会合連続。同中銀はまた、利上げが「適切になる可能性がある」と 指摘した。

カナダ・ドルは円に対して前日比0.4%高の1カナダ・ドル=81 円99銭。ニュージーランド・ドルに対しては0.6%高の80.84カナダ・セ ント。対オーストラリア・ドルでは0.2%上げて1豪ドル=1.0266カナ ダ・ドル。米ドルに対しては、前日に日中の値動きとして昨年11月以来 の大幅高となった反動で、この日は0.1%安の99.13カナダ・セント。

英ポンドはユーロに対して0.7%高の1ユーロ=81.89ペンス。一 時、81.74ペンスと2010年8月以来の高値に上げる場面も見られた。米 ドルに対しては0.6%高の1ポンド=1.6022ドルだった。

原題:Yen, Real Slide on Prospects of Central-Bank Moves; Pound Climbs(抜粋)

◎米国株:反落、インテルなどテクノロジー株に売り-決算を嫌気

米株式相場は反落。決算を発表したインテルやIBMなどテクノロ ジー株の下げが響いた。S&P500種株価指数は前日、約1カ月ぶりの 大幅高となっていた。

インテル、IBMとも1-3月(第1四半期)の売上高は2009年以 降で最も低い伸びにとどまった。投資・保険会社バークシャー・ハサウ ェイのクラスA株も売られた。同社率いる資産家ウォーレン・バフェッ ト氏が、前立腺がんの第1ステージとの診断を受けたことに反応した。 住宅ローン保証や生命保険を手掛けるジェンワース・ファイナンシャル は大幅安。オーストラリアでの損失拡大を理由に、同国で住宅ローンを 保証する部門の新規株式公開(IPO)計画を延期したことが嫌気され た。アップルはゴールドマン・サックス・グループによる利益予想の上 方修正を受けて上げる場面もあったが、結局下げて終了した。

S&P500種は前日比0.4%安の1385.14。ダウ工業株30種平均 は82.79ドル(0.6%)下げて13032.75ドル。

フォート・ワシントン・インベストメント・アドバイザーズのニッ ク・サージェン最高投資責任者(CIO)は「利益はそれほど良くな い」とし、「相場が大きく上げてきた時に、一部の代表的なテクノロジ ー企業から期待外れな数字が出ているという状況だ」と説明した。

インテルが17日明らかにした4-6月(第2四半期)の粗利益率の 見通しは、一部のアナリスト予想を下回った。またIBMの第1四半期 の売上高は予想に届かなかった。

市場は「脆弱」

資産運用会社ブラックロックのローレンス・フィンク最高経営責任 者(CEO)は、相場は第1四半期に上昇したものの、世界的に市場は 「脆弱(ぜいじゃく)」な状態が続いており、顧客の間では依然として 大きな不安感が広がっていると指摘。投資家は依然悲観的であり、顧客 はアクティブ運用型の株式商品から資金を引き揚げ、上場投資信託 (ETF)のようなパッシブ型の商品に投資しつつあると説明した。

S&P500種の業種別10指数では9指数が下落。金融とテクノロジ ーの下げが目立った。

 インテルは1.8%安の27.95ドル。IBMは3.5%下げて200.13ド ル。IBMの第1四半期の売上高は0.3%増の247億ドル、インテルの売 上高は0.5%増の129億ドルで、両社とも09年7-9月(第3四半期)以 来の低い伸びとなった。

「命脅かすものではない」

バークシャーのクラスA株は1.3%安の11万9750ドル。バフェット 氏の前立腺がんの状態について、「命を脅かすものではない」と説明し たものの、売りが広がった。バフェット氏が投資家に宛てた書簡による と、同氏は7月から2カ月間、放射線治療を受ける。治療期間中の出張 は制限されるが、それ以外に日常の生活習慣を変えることはないとい う。

同氏は書簡で「とても良い気分で、いつもの良好な健康状態にある ようだ。私のエネルギーレベルは100%」とした上で、「健康状態に変 化があれば株主に即座に知らせる。もちろん最終的にはそうすることに なるが、その日はずっと先のことだと信じている」と述べた。

ジェンワースは24%安の5.87ドル。下落率は08年11月以降で最大と なった。同社が17日遅くに発表したところでは、今年第2四半期に予定 されていたIPOは、13年初めに先送りされた。

アップルは0.2%下げて608.34ドル。この日は前日終値を挟んで一 進一退の展開となった。ゴールドマンは、アップルの「非常に重大な一 年」が始まるとして、同株式の買いを助言した。

原題:U.S. Stocks Decline as Intel, IBM Slump After Reporting Results(抜粋)

◎米国債:上昇、10年債利回りは4日連続で2%割れ-欧州危機懸念で

18日の米国債市場では10年債が上昇。利回りは4日連続で2%を下 回った。欧州ソブリン債危機は解決にはほど遠い状況にあるとの懸念が 安全資産の買いにつながった。

10年債の利回りは一時、3月以来の低水準に近づいた。米金融当局 はポートフォリオの保有短期債を売却して期間が長めの国債に乗り換え るオペレーション・ツイスト(ツイストオペ)の一環として、45億5000 万ドル相当の償還期限の長い国債を購入した。

スペインは19日、2年債と10年債の入札を実施する。スペインは今 月に入り、借り入れコストが上昇、それが米国債への需要増にもつなが った。

RWプレスプリッチの政府・機関債取引担当マネジングディレクタ ー、ラリー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は、「欧州の不透明 感が相場を動かしており、国債にとっては有利に動いている」と述べ、 「スペインの入札は短期的な見通しをはっきりさせるだろう。しかし長 期的にはまだ状況は同じか、悪化している可能性がある。スペイン経済 はポルトガルやギリシャ、アイルランドよりも規模が大きいからだ」と 続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後3時49分現在、10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)下げて1.98%。同年債(表面利率2%、2022年2月償還) は5/32上げて100 1/8となっている。利回りは16日に1.94%と、3月6 日以来の低水準まで下げた。

ツイストオペ

ニューヨーク連銀はこの日、2020年5月から22年2月に償還を迎え る国債を購入した。またこれより前に償還期限2013年7月から2014年1 月までの国債86億3000万ドルを売却した。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの指数によると、米国債リ ターンは今月に入って1%のプラスとなっている。

ソシエテ・ジェネラルの米国債トレーダー、ショーン・マーフィー 氏(ニューヨーク在勤)は、「19日のスペイン入札の結果を聞くまで は10年債利回りは2%からそれほど離れることはないだろう」と述べ、 「投資家は応札がどれほどあるのか注目している」と続けた。

景気改善に伴うコスト上昇に備えるため、インフレ連動債 (TIPS)が上昇している。国際通貨基金(IMF)は今年の米経済 成長率見通しを2.1%と1.8%から上方修正した。

TIPS入札

米財務省は19日、5年物の160億ドル相当のTIPS債を入札す る。

グリーチャーの金利取引担当マネジングディレクター、ラス・サー ト氏(ニューヨーク在勤)は、 「欧州信用危機がスペインにも広がる 恐れがあると懸念されており、米国債には買い材料となっている」と述 べた。さらに、「米金融政策にしろ欧州をめぐる不透明感にしろ、地政 学的な問題の解決見通しは暗く、せいぜい中立的な見通ししか立ってい ない。これが引き続き米国債市場にとっては支援材料になるだろう」と 続けた。

10年債と同年限TIPSの利回り格差は2.3ポイントと、昨年末 の1.95ポイントから拡大した。

原題:Treasury 10-Year Yield Below 2% on European Debt-Crisis Concern(抜粋)

◎NY金:反落、ドルの上昇で代替需要が後退-終値1639.60ドル

ニューヨーク金先物相場は反落。ドルが上昇したことで、代替投資 先としての金の需要が減退した。

ドルは主要通貨のバスケットに対して一時0.5%高。商品24銘柄で 構成するS&PのGSCIスポット指数は一時1.4%値下がりした。ス ペインは19日の国債入札を控え、同国の財政について投資家の信頼を得 られていない。

アーチャー・フィナンシャル・サービシズの市場ストラテジスト、 アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで 「スペインの入札を控え、様子見姿勢が広がっている」と指摘。「ドル 高も相場を押し下げている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.7%安の1オンス=1639.60ドルで終了。今月に入ってか らは1.9%下落している。

原題:Gold Falls as Dollar’s Gain Curbs Demand for Alternative Asset(抜粋)

◎NY原油:反落、米在庫が予想以上に増加-終値102.67ドル

ニューヨーク原油先物相場は反落。2週間ぶりの大幅安となった。 米国の在庫が市場の予想以上に増加したことが影響した。

米エネルギー省の発表によると、13日まで1週間の米原油在庫 は386万バレル増加した。これはブルームバーグがまとめたアナリスト 予想の増加幅の2倍以上に相当する。製油所の稼働率は2週連続で85% を下回った。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「今回 またもや在庫の増加が示された」と指摘。「製油業界は最適な水準を下 回る状態で稼働しており、精製しないのだから原油在庫が積み上がるの も当然だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前日 比1.53ドル(1.47%)安の1バレル=102.67ドルで終了した。

原題:Oil Declines as U.S. Supply Increases Twice as Much as Forecast(抜粋)

◎欧州株:反落、スペイン不良債権など嫌気-サンタンデール銀安い

18日の欧州株式相場は反落。イングランド銀行(英中央銀行)の金 融政策委員会(MPC)メンバー、アダム・ポーゼン委員が資産購入枠 の拡大主張をやめたことが明らかになり、売りが誘われた。中国の成長 減速を示唆する住宅値下がりとスペインの銀行の不良債権比率上昇も悪 材料。

スペインのサンタンデール銀行を中心に銀行株が安い。同国の石油 会社レプソルYPFは続落。傘下のYPFを政府管理下に置くとしたア ルゼンチン政府に補償金として105億ドルの支払いを求めたが、拒否さ れた。スペイン最大の電力会社イベルドローラは8年ぶり安値に下落。 建設会社ACS(アクティビダデス・デ・コンストルクシオン・イ・セ ルビシオス)による株式売却が響いた。スタトイル・フュエル・アン ド・リテールは51%の値上がり。カナダのアリマンタシォン・クシュタ ールから買収提案を受けた。

ストックス欧州600指数は前日比0.7%安の257.71で終了。今月に入 ってからは域内ソブリン債務危機が悪化するとの懸念再燃で2.1%下げ ている。年初来では5.4%上昇。

ノルデア銀行のシニアストラテジスト、ヘンリク・ドゥルセビエリ 氏(コペンハーゲン在勤)はブルームバーグテレビジョンのインタビュ ーで、「債務危機はまだまだ終わっておらず、スペインは状況が良くな る前に一段と悪化するだろう」と指摘。「欧州が危機から脱するために は域内首脳が鍵となる問題に対応する必要があり、それはこの環境下で 成長をつくりだすことなのだが、これについては危機発生以来、ほとん ど対応がなされていない」と付け加えた。

この日の西欧市場では、18カ国中15カ国で主要株価指数が下落。同 日公表の英中銀議事録によれば、前月に資産購入枠の拡大を主張したポ ーゼン委員は今月4、5両日のMPCで、同枠を現行の3250億ポンドで 維持することに賛成した。スペインの銀行の不良債権比率は1994年以来 の高水準に上昇したことが同国中銀のデータで示された。

原題:European Stocks Decline; Repsol, Santander Lead Losses in Madrid(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債上昇、危機懸念再燃で質への逃避-イタリア債反落

18日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇し、ほとんどのユーロ圏諸 国の国債を上回るパフォーマンスとなった。域内債務危機への懸念再燃 で安全を求める動きが高まったほか、ドイツの2年債入札で利回りは過 去最低となったことが手掛かり。

イタリア国債は反落。モンティ首相が財政均衡の達成を目指す時期 を先送りし、経済が一段と縮小するとの見通しを示したことがきっかけ となった。スペイン国債は上げ幅を縮めた。スペイン銀行(中央銀行) が同国の銀行の不良債権比率上昇を発表したことがきっかけ。スペイン 2年債と10年債の入札は19日に行われる。

DZ銀行の債券ストラテジスト、ミヒャエル・ライスター氏は投資 家向けリポートで、ドイツの「国債入札結果は、危機が長引く中で信用 の質と流動性の双方における安全性が引き続き投資家にとって最大の関 心事であることを示した」とし、「われわれはドイツ国債は堅調に推移 すると見込んでいる」と記述した。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前日比3ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.72%。同国債(表面利 率1.75%、2022年7月償還)価格は0.280上げ100.257。2年債利回りは 1bp下げて0.14%。10日には0.091%まで低下し、過去最低を記録し た。

イタリア10年債利回りは前日比1bp上昇の5.48%。一時は7bp 上昇し5.55%に達した。スペイン10年債利回りは7bp低下 し5.82%。17bp下げる場面もあった。

原題:German Bunds Outperform Peers on Debt Crisis Safety Demand (抜粋)

◎英国債:下落、中銀のポーゼン委員が資産購入枠の維持賛成に転じる

18日の英国債相場は下落。イングランド銀行(英中央銀行)が公表 した議事録によれば、今月の金融政策委員会(MPC)で、アダム・ポ ーゼン委員が資産購入枠の規模拡大の主張を取りやめた。

2年債利回りは4週間ぶり高水準に達した。中銀当局者らはインフ レが想定されていたよりも大きな脅威となる公算があるとの考えも示し た。議事録によると、メンバー9人のうち8人が資産購入枠を現行 の3250億ポンド(約42兆3000億円)で維持することを支持した。

みずほコーポレート銀行の欧州ヘッジファンド・セールス責任者、 ニール・ジョーンズ氏(ロンドン在勤)は、ポーゼン委員の判断は「驚 きだった。インフレ率が上昇するとの見方のほか、景気見通しの改善を 反映している可能性がある」と述べた。

10年債利回りは前日比4ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の2.13%。一時は2.17%まで上げた。同国債(表面利率 4%、2022年3月償還)価格は0.345下げ116.56。2年債利回り は0.49%まで上げた後、3bp上昇の0.46%となった。

原題:Pound Strengthens as Posen Ends Push for More QE; Gilts Decline(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE