NY原油:反落、米在庫が予想以上に増加-終値102.67ドル

ニューヨーク原油先物相場は反落。 2週間ぶりの大幅安となった。米国の在庫が市場の予想以上に増加した ことが影響した。

米エネルギー省の発表によると、13日まで1週間の米原油在庫 は386万バレル増加した。これはブルームバーグがまとめたアナリスト 予想の増加幅の2倍以上に相当する。製油所の稼働率は2週連続で85% を下回った。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「今回 またもや在庫の増加が示された」と指摘。「製油業界は最適な水準を下 回る状態で稼働しており、精製しないのだから原油在庫が積み上がるの も当然だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前日 比1.53ドル(1.47%)安の1バレル=102.67ドルで終了した。

原題:Oil Declines as U.S. Supply Increases Twice as Much as Forecast(抜粋)

--取材協力:Mark Shenk、Grant Smith.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE