米、ミャンマー制裁を一部緩和-NGO活動支援の金融取引許可

米財務省は17日、ミャンマーに対す る制裁を一部緩和すると発表した。ミャンマーでの人道的、宗教的な活 動など非営利活動を支援するための金融取引に対する規制を解除する。

クリントン米国務長官は4日、オバマ政権がミャンマーの経済近代 化と政治改革を後押しするため、同国に対する制裁を一部緩和し、大使 の任命に向けた手段を講じると発表していた。欧米諸国はミャンマー軍 事政権の民主化を促す動きを積極化させている。

キャメロン英首相はミャンマー訪問中の13日、欧州連合(EU)が 武器禁輸以外の制裁措置を解除するのではなく、一時的に停止すべきだ と発言した。英国の指導者のミャンマー訪問は少なくとも1948年以来で 初めて。

今回の米国の制裁解除は、民主主義やグッドガバナンス(良い統 治)に関連するプロジェクト、「人間の基本的要求」を満たすための活 動、スポーツや教育的な活動、宗教的な活動が対象となる。米国民は現 在、ミャンマーへの新規投資や金融サービスの輸出が禁止されている。

原題:U.S. Eases Some Myanmar Sanctions on Financial Transactions (1)(抜粋)

--取材協力:Daniel Ten Kate、Gonzalo Vina、Svenja O’Donnell.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE