香港の華人置業集団トップ、マカオでの汚職への関与を否定

香港の不動産会社、華人置業集団を 率いる資産家、劉鑾雄(ジョゼフ・ラウ)氏は、マカオ当局の運輸・公 共事業の責任者だった欧文龍被告の汚職をめぐる裁判で取り上げられた 贈賄への関与を否定した。

華人置業集団は香港証券取引所への17日の届け出で、同社も会長兼 CEO(最高経営責任者)である劉氏も欧被告への違法な支払いは一切 行っていないとコメントした。劉氏は証人として出廷し、共同被告人で もなければ、マカオでも香港でも訴追されていないと主張している。同 社の株式は18日に取引が再開されるという。

原題:Hong Kong’s Joseph Lau Denies Bribery Allegations (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE