グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場で、指標のハンセン指数は続落。海外から中国への 直接投資が5カ月連続で減少し、欧州債務危機が中国経済に打撃を与 えつつあるとの懸念が浮き彫りになった。

売上高の約80%を欧州で稼ぐ衣料小売りのエスプリ・ホールデ ィングス(330 HK)は1.2%安。携帯電話を受託生産する富士康 国際(2038 HK)も安い。

国営の新華社通信が上海市は不動産規制を緩和しない見通しだと 報じたことを受け、中国海外発展(688 HK)やチャイナ・リソー シズランド(華潤置地、1109 HK)など不動産銘柄が下落。モンゴ ル当局が炭鉱を含む一部事業の一時停止を求めたことから、カナダの サウスゴビ・リソーシズ(1878 HK)は10%下落した。

ハンセン指数は前日比48.33ポイント(0.2%)安の

20562.31で終了。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.5%安の

10794.60で引けた。

岡三証券の西胤智シニアストラテジストは、中国の景気がまだ減 速傾向にあると指摘。「外部環境は警戒され、欧州問題でマイナスの 影響を受けてしまう」と説明した。

【中国株式市況】

中国株式市場で、指標の上海総合指数は約2週間ぶりの大幅下落 となった。対中直接投資が5カ月連続で減少し、欧州債務危機が中国 経済に打撃を与えつつあるとの懸念が浮き彫りになった。

国営の新華社通信が上海市は不動産規制を緩和しない見通しだと 報じたことを受け、万科企業(000002 CH)や保利房地産集団 (600048 CH)を中心に不動産株が下落。両社株も構成銘柄とな っている不動産株指数は業種別指数で最大の下落となった。

欧州債務危機の深刻化で資源需要が減退するとの懸念から、江西 銅業(600362 CH)やチャルコ(中国アルミ、601600 CH)も 値下がりした。通化金馬薬業集団(000766 CH)は3.4%安。医 薬品規制当局による同社製品の販売停止が響いた。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「最近の経済や産業の 指標は引き続き経済の減速を示しており、第1四半期の企業業績の伸 びも鈍化する見通しだ」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比22.04ポイント(0.9%)安の

2334.99で終了。3月29日以来の大幅な下落となった。上海、深 圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は前日比1.3%安の

2541.88。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇し、指標のセンセックス30種指数は日中 取引の高値付近で終了した。インド準備銀行(中央銀行)が景気てこ 入れを目指し、2009年以来で初の利下げに踏み切ったことを受け、 インド国債と通貨ルピーも上げた。

インド中銀はこの日の政策決定会合で政策金利を8%とし、従来 から0.5ポイント引き下げることを決めた。ブルームバーグがまと めたエコノミスト25人を対象とした調査でこの利下げを見込んでい たのは3人だけだった。指標の国債利回りは1カ月ぶり低水準。ルピ ーは3カ月ぶり安値から反発した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比

206.99ポイント(1.2%)高の17357.94で終了。この日は

17381.92まで上昇した。

レリゲア・アセット・マネジメントの株式部門責任者、ベトリ・ スブラマニアム氏はインタビューで、「利下げ幅は予想以上だった。 市中銀行が金利を引き下げれば、需要が高まると考えられる」と語っ た。ただ、こうしたポジティブな材料と、将来の利下げ余地が限定さ れているとした中銀の見解との間で、市場はバランスを図る必要があ るとも述べた。

スバラオ中銀総裁はこの日、物価上昇圧力でさらなる利下げ余地 が限られるかもしれないと指摘した。16日の政府発表によると、3 月のインフレ率は6.89%に鈍化した。ただ、主要新興国の中では依 然最も高い水準。

インド最大の銀行、インドステイト銀行(SBIN IN)は1.7% 高の2304.30ルピー。不動産開発で国内最大手のDLF(DLFU IN)は2.9%上げ205.05ルピー、国内最大のエンジニアリング 会社、ラーセン・アンド・トゥブロ(LT IN)は2.4%上昇し

1332.80ルピーとなった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比13.55ポイント(0.3%)安の

4288.79。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比7.33ポイント(0.4%)安の

1985.30。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比143.99ポイント(1.9%)安の7585.87。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比5.53ポイント(0.2%)安の2986.59。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比1.32ポイン ト(0.1%)安の1596.19。

【タイ株式市況】

SET指数は前営業日比9.22ポイント(0.8%)安の

1160.23。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比10.78ポイント(0.3%)高の

4157.37。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比39.82ポイント(0.8%)高の

5157.28。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE