中国アリババ:元USTR高官を採用-知財権めぐる交渉担当

中国の電子商取引最大手アリババ・ グループ・ホールディングが、米政府の高官だったジェームズ・メンデ ンホール氏を採用した。米通商代表部(USTR)が同社傘下のオンラ イン小売企業、淘宝(タオバオ)を知的財産権を侵害する海賊版や模造 品を容認しているとする「悪名高い市場」リストに掲載していており、 アリババはこの対策を強化する。

アリババ広報担当(香港在勤)のジョン・スペリッチ氏は17日の電 子メールで、メンデンホール氏は米政府と業界団体との知財権保護をめ ぐる交渉でアリババを代表するとコメントした。法律事務所シドリー・ アンド・オースティンのウェブサイトによれば、同氏は同社のワシント ンオフィスに在籍。メンデンホール氏はブッシュ前政権時代にUSTR で法務顧問をしていた。

原題:Alibaba Hires Ex-U.S. Official to Aid Washington Lobbying (1)(抜粋)

--取材協力:Edmond Lococo、Michael White、Matt Townsend.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE