中国:3月の対中直接投資、5カ月連続減-景気減速響く

3月の中国への海外からの直接投資 額は、5カ月連続で減少した。中国国内の景気減速のほか、人民元の上 昇が限定的にとどまると見込まれることや、欧州債務懸念の再燃が響い た。

中国商務省が17日発表した3月の対中直接投資は前年同月比6.1% 減の117億6000万ドル(約9470億円)となった。2月は0.9%減、昨年3 月は32.9%増だった。同省の声明によれば、1-3月(第1四半期)の 対中直接投資は前年同期比2.8%減の294億8000万ドル。前年同期 は29.4%増だった。2011年の対中直接投資は過去最高の1160億ドル。

クレディ・アグリコルCIBのストラテジスト、ダリウス・コワル ツィク氏(香港在勤)は発表前、「中国経済に対する外国人投資家の見 通しが以前ほど楽観的ではないことから、投資の伸びは鈍化する公算が 大きい」との見方を示していた。

原題:China’s Foreign Direct Investment Declines for Fifth Month (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE