東芝テック3年ぶり上昇率、IBMの事業買収報道で

東芝の子会社、東芝テック株が3 年ぶりの日中上昇率を記録。今夏をめどに米IBMから流通業向けのP OS(販売時点情報管理)端末事業を買収する、と17日付日本経済新 聞朝刊が報じたことが手掛かり。

上昇率は一時、前日比10.8%と、2009年4月30日に記録した

14.5%以来の大きさとなった。午前10時23分現在は同19円(6.2%) 高の325円で推移。東芝株価も反発し、同1.8%高まで上昇している。

日経新聞によると、IBMのPOS端末の世界シェアは首位の 22%で、東芝テックは4位の7%。端末事業の買収額700億円前後の 一部は、借入金などで賄うという。東芝テックは報道を受け「現時点で は、そのような決定がなされた事実はない」とのコメントを発表した。

いちよし投資顧問の秋野充成運用部長は「株式相場全般が調整局面 にある中、報道によって注目が集まった」ため買いが殺到したと指摘。 ただ、上昇局面は長続きしない可能性があるとコメントしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE