ロンドン外為:ユーロ1.30ドル割れ、今週はスペインが入札

ロンドン時間16日朝の外国為替取引 でユーロは対ドルで1.30ドルを割り込んだ。欧州首脳らが債務危機の封 じ込めに失敗するとの懸念の中で今週はスペインが入札を予定してい る。ユーロは円に対しても下落。

ロンドン時間午前7時58分現在、ユーロは対ドルで0.5%安の1ユ ーロ=1.3011ドル。一時は2月16日以来の安値の1.2995ドルまで下げ た。対円は1%安の1ユーロ=104円81銭。前週末13日は0.8%安だっ た。

スペイン政府は17日に12カ月物と18カ月物証券、19日に2014年と22 年償還債の入札を予定している。スペインの10年国債利回りはこの日一 時11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し昨年12月1日以 来の高水準の6.09%となった。

原題:Euro Falls Below $1.30 for First Time in 2 Months on Debt Crisis(抜粋)

--取材協力:Kyoungwha Kim、Fion Li.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE