NY外為:ユーロが反発、対ドルで一時は2カ月ぶり安値

ニューヨーク外国為替市場ではユー ロが主要取引通貨の大半に対して上昇した。ドルに対しては2カ月ぶり 安値から反発。米小売売上高の予想を上回る増加を受け、高利回り資産 の需要が高まったことが背景。

ユーロはドルに対して一時、1ユーロ=1.30ドルを下回り2月以来 の安値を付けた。スペイン債利回りが年初来高水準に上げ、欧州債務危 機が拡大しているとの懸念を背景にユーロが売り込まれた。対ドルでは ノルウェー・クローネの上昇率が最も大きい。原油価格の上昇が手掛か り。韓国ウォンは対ドルで下落。韓国銀行(中央銀行)が発表した2012 年の国内総生産(GDP)伸び率予想は3.5%と、従来予想の3.7%から 下方修正されたことが響いた。

バンク・オブ・アメリカの外為ストラテジスト、デービッド・グラ ッド氏(ニューヨーク在勤)は「株式相場が上げに転じたこともあり、 これに連動する展開が見られた」とし、「ユーロ圏の懸念が再燃してい るのは疑う余地がない。1.31ドルを超える反発は恐らくテクニカルなも のだろう」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時43分現在、ユーロはドルに対して前週末 比0.5%高の1ユーロ=1.3140ドル。一時は1.2995ドルと、2月16日以 来の安値に下げていた。円に対しては0.2%安の1ユーロ=105円59銭。 一時は104円63銭と、2月20日以来の安値に沈む場面もあった。円は対 ドルで0.7%上昇し1ドル=80円36銭。

ノルウェー・クローネは対ドルで0.7%高の1ドル=5.7452クロー ネ。ノルウェーは世界7位の石油輸出国。韓国ウォンはドルに対し て0.3%安の1ドル=1138.63ウォン。

米小売り統計

米商務省がこの日発表した3月の小売売上高(速報値)は、季節調 整済みで前月比0.8%増加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめた エコノミスト予想の中央値は0.3%増だった。前月は1%増(速報 値1.1%増)に修正された。

スペインのハイメ・ガルシアレガス副商務相が13日のインタビュー で、「ECBは債券購入を増やすべきだ」と発言したことを受け、ユー ロは午前に円とドルに対して下落。スペイン債保証コストが過去最高を 更新したこともユーロ売りに拍車をかけた。

スペイン10年債利回りは一時、前週末比で最大18ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇し6.16%と、昨年12月1日以来の高水準 を付けた。CMAによると、スペイン債の5年物クレジット・デフォル ト・スワップ(CDS)は過去最高を更新した。

スペイン不安

スペインは今週2度、国債入札を予定している。コモンウェルス・ フォーリン・エクスチェンジの主任市場アナリスト、オマー・エシナー 氏(ワシントン在住)は「市場は特にスペインとイタリアへの不安を募 らせている」と指摘した。

ブルームバーグ相関加重通貨指数によると、ユーロは過去1年間 で5.7%下落。同指数を構成する10カ国通貨の中で最も下落率が大き い。同期間中に円は6.5%、ドルは4.3%それぞれ上昇した。

原題:Euro Reaches Lowest in 2 Months Versus Dollar Before Rebounding(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE