バーナンキ議長:連邦準備制度は金融安定への取り組み強化を

米連邦準備制度理事会(FRB)の バーナンキ議長は、深刻なリセッション(景気後退)を引き起こした危 機の再来を防ぐため、連邦準備制度は金融安定の維持に向けた取り組み を強化する必要があるとの認識を示した。

議長は13日、ニューヨークでの講演で「ここ数年の出来事は、深刻 な金融危機がもたらし得るダメージをわれわれにいや応なしに思い出さ せた」と指摘。「この先、連邦準備制度や他の中央銀行は、金融安定の 促進を金融政策運営と同様に政策の最優先事項としなければならない」 と述べた。

また、「将来のパニックを回避、もしくは少なくとも緩和するた め、近年の危機の根底にある脆弱(ぜいじゃく)性にしっかりと対応す る必要がある」とし、「このプロセスは、米国内および世界的なレベル で順調に進展している」と続けた。

この日の講演は、金融危機と連邦準備制度による危機対応が中心だ った。

バーナンキ議長はさらに、「法的な枠組みのずれ」が金融市場でリ スクが高まる要因になったと指摘。「関連する法的機関が存在した場合 でも、連邦準備制度を含む規制・監督当局が常に十分強力もしくは効果 的にそうした機関を活用できたわけではなかった」と述べた。

原題:Bernanke Urges Greater Focus on Promoting Financial Stability(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE