豪ドルが下落、中国の経済成長率が予想以上に鈍化で

13日の外国為替市場で、豪ドルは1 週間ぶりの高値から下落。中国の経済成長率が市場予想以上に鈍化した ことで、豪州の最大の貿易相手国である中国の需要が後退するとの懸念 が強まった。

豪ドルは主要16通貨すべてに対して下落。オーストラリア準備銀行 (中央銀行)が景気てこ入れで利下げを実施するとの観測も影響した。 ニュージーランド(NZ)ドルは上昇。世界的な株高の流れを引き継い でアジア株が上昇したことが影響した。

RBCのシニア通貨ストラテジスト、スー・トリン氏は「市場はま だ驚いている」とし、「中国の金融政策緩和観測が強まるかどうかを注 視している。緩和となれば少なくとも豪ドルの一段の下落を阻む要因と なるだろう」と述べた。

シドニー時間午後2時20分(日本時間同1時20分)現在、豪ドル は0.5%安の1豪ドル=1.0390米ドル。一時は1.0453米ドルと、3日以 来の高値を付けた。週間ベースでは0.8%上昇となる方向で、そうなれ ば2月3日までの5日間以来で最大の上げとなる。対円では0.3%安 の84円21銭。

NZドルは一時1NZドル=0.8320米ドルと、3月2日以来の高 値。その後0.8292米ドルと、前日終値を0.2%上回る水準で取引されて いる。対円では0.4%高の67円22銭。

原題:Aussie Dollar Drops After China Economy Slows More Than Forecast(抜粋)

--取材協力:Masaki Kondo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE