米国株:続伸、当局が低金利維持を示唆-S&P500は1.4%高

米株式相場は続伸。米金融政策当局 者が低金利を維持する方針を示唆したことが背景。S&P500種株価指 数は2日間として年初来で最大の上げとなった。

S&P500種産業別10指数の中で素材株が最大の上昇。ダウ輸送株 平均は2.2%上昇した。コンピューターのヒューレット・パッカード( HP)は大幅上昇。米調査会社ガートナーが世界のパソコン業界は第1 四半期に拡大したと指摘、HPはパソコン市場シェアで首位を維持し た。検索大手グーグルも高い。同社は引け後に四半期決算を発表した。

S&P500種株価指数は1.4%上昇して1387.57。S&P500種はここ 2日間で2.1%上昇した。ダウ工業株30種平均は181.19ドル(1.4%)高 の12986.58ドル。

フィフス・サード・アセット・マネジメントのキース・ワーツ最高 投資責任者(CIO)は、「相場に明るいトーンをもたらす材料があ る」と述べ、「良好な決算シーズンとなる可能性がある。また米金融当 局者も金融政策について発言している。景気の悪化が見られた場合に は、米金融当局が行動を起こす可能性が高いだろう」と続けた。

連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン副議長とニューヨーク連 銀のダドリー総裁は、2014年遅くまで政策金利を低水準で維持する方針 を支持している。朝方に発表された米新規失業保険申請件数は市場予想 を上回ったが、投資家は当局者の発言を買い材料と見なした。

年初からのS&P500種

S&P500種は年初来から10%上昇。ブルームバーグがまとめたア ナリスト予想によると、今年第1四半期の1株当たり増益率は0.8% と、昨年第4四半期の4.9%からの減速が見込まれている。2012年全体 の予想は8.3%増。

マーケットフィールド・アセット・マネジメント(ニューヨーク) のマイケル・ショール会長は、「過去数カ月間の上昇局面を一度で消滅 させることは難しい」と指摘、「新しい材料がなければ相場の下落はあ まり起こらないだろう。究極的には決算が重要になる。国内企業は良好 だと期待しいてる」と述べた。

S&P500種産業別10指数はいずれも上昇。特に景気敏感株が値上 がりした。景気敏感株で構成されるモルガン・スタンレー・シクリカル 指数は2.6%上昇。建機大手キャタピラーは4.6%上昇、アルミ生産のア ルコアは2.7%値上がりした。JPモルガン・チェースは1.9%上昇し た。

HP、グーグル

 HPは7.2%急伸。米ガートナーが11日発表したところによる と、世界のパソコン出荷に占めるHPのシェアは17.2%で最大だった。 パソコン全体の出荷台数は8900万台と前年同期比で1.9%増加した。

グーグルは2.4%高。引け後に発表された決算によると、1-3月 (第1四半期)の一部項目を除いた1株利益は10.08ドル。ブルームバ ーグが集計したアナリスト予想平均は9.64ドルだった。

グーグルはまた、実質的な株式分割計画も発表した。議決権のない 新たな種類の株式を発行し、既存株主に株式配当を通じて付与する。

13日はJPモルガン・チェースやウェルズ・ファーゴが決算を発表 する予定だ。

通信サービス大手AT&Tは1.3%上昇。JPモルガンは同社の株 式投資判断を引き上げた。

原題:U.S. Stocks Post Biggest Two-Day Rally in 2012 on Fed Comments(抜粋)

--取材協力:Brian Womack.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE