NY金:反発、米追加緩和の観測-終値1680.60ドル

ニューヨーク金先物相場は反発。1 週間ぶりの大幅高となった。米金融当局が追加の刺激措置を実施すると の観測が背景。この日は貴金属相場が軒並み上昇した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン副議長は11日、非常に 緩和的な政策を支持する意向を示したほか、ニューヨーク連銀のダドリ ー総裁は12日、「われわれが厳しい状況から脱したと結論付けるのはな お時期尚早だ」と述べた。米新規失業保険申請件数の増加を背景にドル は下落。株式相場は堅調に推移し、商品24銘柄で構成するGSCIスポ ット指数も値上がりした。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レシ ュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「リスク選好の動きが広が っており、ドルは弱含んでいる」と指摘。「金は他の商品や株とともに 上昇している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比1.2%高の1オンス=1680.60ドルで終了。中心限月として は先月26日以来の大幅上昇となった。年初からは7.3%値上がりしてい る。

原題:Gold, Precious Metals Rise on Bets Fed May Boost U.S. Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE