FRB副議長:米雇用見通しは非常に緩和的な政策を正当化

米連邦準備制度理事会(FRB)の イエレン副議長は、政策当局者が今後数年間完全雇用という目標に達す ることは恐らくなく、インフレが引き続き抑制されていると述べ、「非 常に緩和的な政策」を支持した。

同副議長は11日、ニューヨークでの講演で「今後数年間、われわれ は最大限の雇用という目標達成には程遠く、インフレ率が」FRBの目 標の2%「と同じかそれを下回ると予想している」と語った。また、住 宅市場と欧州債務危機が成長を抑制する可能性がある「強い逆風だ」と 指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE